タグ別アーカイブ: 少ない求人

少ない求人や就職難の理由

就職難の時代がもう何年も続いていますが、それは不景気だけが原因ではないようです。
近年、雇用形態の大幅な変化にともなって企業側の求人の出し方も変わったことが理由になっています。
安定した雇用の代名詞ともいえる終身雇用制度は、今や過去のものとなりつつあります。
正社員の減少には、派遣社員として雇用される人が増えたためです。工場などの製造業では、派遣社員の労働が認められていませんでしたが、それが解禁になったことでいろいろな会社が次々と派遣社員制度を導入しました。
それが正社員の求人を減少させる結果となったのです。
海外の会社に仕事を分担させたことも求人減少の要因となっています。国内でものを作るよりも、海外で作った方が安い賃金で人を雇うことができます。そうすると、国内での雇用は縮小されて当然です。
また、これまで人間の手作業でおこなってきた仕事が機械化されたことや、コンピューター技術の発達も大きく影響しています。
労働人口の多くを占めていた団塊の世代が一斉退職の時期を迎えることで、求人数が増えるという見方もあります。
新たな分野で事業を開拓して需要を増やそうと試みる企業も多く、少数といえ従来とは異なる求人も増加の傾向にあるそうです。
求人を多く出している企業は必ずしも競争率が高い企業であるというわけではないので、求人情報をチェックする時には就職に対する考え方を明確にすることも必要かもしれません。