飲んだり食べたりしたコラーゲンは、肌には定着しない

コラーゲンをたくさん含むフカヒレや手羽先を食べたり、コラーゲン入りのドリンク剤を飲んだりすると、皮膚のなかのコラーゲンは増えるのでしょうか?

残念ですが、人間のカラダはそこまで単純にはできていません。飲んだり食べたりしたものが、そのまま肌のコラーゲンに変わるわけではないのです。

コラーゲンなどのたんぱく質はすべて一度消化されてアミノ酸になり、小腸から吸収されます。消化して吸収された栄養素は、必要に応じて新しい皮膚、骨、筋肉、脂肪などにつくり変えられますが、何をどのくらいつくるかは、ホルモンなどの体内司令物質がコントロールしています。

このホルモンという司令塔の権力は絶大で、飲んだり食べたりしたコラーゲンをそのまま肌に定着させたいと願っても、決してその通りにはいきません。同じような食生活を続けていても、30代以降になるとコラーゲンは減って、脂肪がつきやすくなるのもホルモンの変化によるものです。

女性ホルモン(とくにエストロゲン)はコラーゲンを維持する作用がありますが、このエストロゲンは30代後半から徐々に減り始め、閉経とともにガクッと少なくなります。

コラーゲンをキープするには、女性ホルモンのバランスを守るための規則正しい生活と、女性ホルモンを維持する作用を持つ大豆食品を摂ることなどが大切です。

コラーゲン産生を促す不可欠な成分がある

皮膚のいちばん外側の部分が表皮です。その表皮の下にあたる真皮部分は、約70%がコラーゲンと呼ばれる線維でできています。このコラーゲンは真皮のなかに網目状のネットワークをつくっていて、ゴムのような弾力があります。

これで肌が伸びたり縮んだりするのです。紫外線や加齢によって、コラーゲンが変性したり減少したりすると、肌の弾力が失われます。そうなると、今まで元に戻っていた表情ジワが徐々にそのまま戻らなくなって、真皮ジワとして刻まれるのです。

シワを防ぐためには、コラーゲンを増やすケアが必要になります。化粧品成分のなかで最も有効性が高いといえるのが「レチノール」。これはビタミンAの一種で体内にもあり、繊維芽細胞に働きかけてコラーゲンの産生を促します。

目元用のシワ対策クリームなどには、ほとんどレチノールが含まれています。レチノールは効果がある分、やや刺激も強いので、つけてみて、赤くなったりカサつく場合は、まず2~3日に1度使うことから始めてみましょう。
使ううちにだんだん慣れてくるので、数ヶ月かけて使う頻度を上げていきます。

「ビタミンC誘導体」も有効でレチノールよりも穏やかです。皮膚への吸収を高めたビタミンCで、リン酸アスコルビルなどの表示で化粧水などに配合されています。

乾燥するからシワになるのではありません

たとえば化粧品を買いに出かけて「お肌が乾燥しています。保湿の手入れをしっかりしないと、将来シワに……」と言われたことはありませんか?

シワシワとした干しシイタケを水に浸すと、ふっくらとしてもとに戻りますが、もちろん人間のシワは水では戻りません。一晩顔を水につけても、生のシイタケのようにふっくらするなどあり得ないことです。

そもそも「シワ」イコール「乾燥」というのは誤解なのです。シワのおもな原因は乾燥ではなく、皮膚のコラーゲンが傷むことです。肌の奥にあるコラーゲンは線維状のタンパク質で、この線維がネットワークをつくって肌の弾力を維持しています。

コラーゲンの新陳代謝はとてもゆっくりで、新しいコラーゲンに生まれ変わるためには、2~6年ほどもかかるといわれています。たとえば6年間も同じ革靴を履き続けたら、履きジワがくっきりと刻まれます(これが表情ジワです)。

その靴を日が当たるところに置いてしまったら、よけいに傷むことになるでしょう。人間の肌も、日焼けするとコラーゲン線維が傷んで、シワができやすくなるのです。シワを防ぐためには、保湿よりも紫外線対策とコラーゲンを増やすケアが必要なのです。

 

 

空腹を紛らわすコーヒー

空腹を紛らわすコーヒーはダイエットの敵である

コーヒー党の人は、お腹がすいたときにもコーヒーを飲んで紛らわせたりしているとよく聞きます。もしも、ダイエットのつもりでやっているのだとしたら、それは大間違い。コーヒーを飲みすぎると、逆に太ってしまう恐れがあるのです。

コーヒーにはカリウムとカフェインが含まれています。カリウムは、塩分と結合して、体内のバランスを整えてくれる効果があります。また、腎臓を活発にするため、利尿作用もあります。身体の水分量を調節する、大事なミネラルなのです。

一方のカフェインには、カリウムを体外に排出する作用があります。コーヒーを飲みすぎると、カリウムがどんどん体外に排出されるようになり、逆にカリウム不足になってしまうのです。

カリウムが不足すると、身体に塩分が溜まりやすくなります。すると、身体は塩分を薄めるために、どんどん水分を溜め込むようになります。それは結果的に、むくみやすい体質を招いてしまう……というわけです。

ちなみに、女性に多い足のむくみは、体内の水分が重力によって足元に溜まったものです。これは冷えの原因になります。さらに放置すると、冷えを防ぐために脂肪がついてしまうのです。

コーヒーは酸性の食品です。大量に飲むと、内臓を酸から守るため、体内に脂肪が増えてしまいます。つまり、コーヒーを飲めば飲むほど太るというわけです。

コーヒーの「飲み過ぎ」は問題ですが、節度を守れば健康に役立ちます。コーヒーには心臓病や脳卒中、呼吸器疾患、糖尿病など、さまざまな病気の脂肪率を低下させる効果もあるのです。