カテゴリー別アーカイブ: 健康

健康食品を通販で購入する際の注意点

サプリメントや健康食品は、ドラッグストアの店頭だけでなく、インターネットで誰でも簡単に購入することができます。
通販で栄養補助食品を購入することは、とても身近なこととなっています。
健康食品や栄養補助食品は、食品ですので、医薬品とはまったく違います。
そのため、法律上健康に対する効能を謳ってはいけないと定められています。
インターネットやテレビの通販番組を利用して健康食品を購入する場合、特に注意が必要です。
それは、かなり事実を誇張したセールス文句で、効能を宣伝しているケースが多くみられるからです。
誇大広告や宣伝文句、愛用者の声をすべて真実だと信じ込んで、高額な商品を購入する人が後を絶たないのも事実です。
通販やテレビを見て健康食品を購入する場合、その商品や効果の根拠について情報収集したほうが良いでしょう。
どの程度の研究がなされていて、効果が実証されているのか不明な点が多い商品もたくさんあります。
美容成分、健康成分という言葉を使って濁して、効果的な成分が具体的にどれを指すのかあいまいにして宣伝している商品もあります。
効果に関して、医学的な裏付けがまったくないという健康食品はとても多いのです。
健康食品は薬ではないので、病気や体調不良への効果や即効性を求めることはできません。
あくまでも補助的なものとして利用するものです。
通販を利用すれば、海外製の健康食品を購入することもできますが、その場合は成分について確認しておく必要があります。
特に、海外製のダイエットサプリなどは、日本で使用が禁止されている成分が含まれていることも多く、飲んだら体調が悪くなったという人も少なくないからです。
成分に関する情報と同時に、製造年月日や消費期限についてもよく確認してから購入するべきです。

健康食品を通販で購入する場合

健康食品を購入する場合、大きく分けるとドラッグストアなどの店頭か、通販かという方法にわかれます。
店頭での購入のメリットは、専門的な知識を持つスタッフがいればその場で用法や効果について質問することができるという点です。
実際に現物を見て、手に取ってから購入できるので安心感もあります。
ただし、店頭で販売しているのは、大手の食品会社や製薬会社が製造している製品や、ビタミンやミネラルをはじめとする一般的なサプリメントや健康食品です。
特定のメーカー以外のサプリメントは販売していない店舗もあります。
一方、通販で販売されている健康食品は種類がとても豊富です。
たくさんの種類の中から選びたい場合には、時間をかけて通販ショップを閲覧するのがいいでしょう。
販売価格も、店頭より通販のほうが安い場合があります。
手軽にクレジット決済などの利用ができて、自宅に届けられるというのも通販のメリットです。
継続して飲みたい場合には、定期コースなども利用できるので通販サプリや通販の健康食品は安定した人気があります。
定期コースやまとめ買いの場合、通常よりお得な価格で購入できるので、通販を上手に活用しながら健康食品を取り入れると良いと思います。

健康食品と通販

サプリメントや健康食品は昨今大ブームとなっており、中でも健康食品は通販で人気の商品の1つです。
さまざまな種類の健康食品が、テレビや新聞広告を中心に、積極的に宣伝されています。
サプリメントも健康食品も、分類としてはどちらも食品です。
ドラッグストアやスーパーでは、いろいろな健康食品を誰もが気軽に購入できるようになっています。
最近特に人気があるのは、インターネット通販で購入できる健康食品やサプリメントです。
通販では、健康食品を専門に取り扱うお店がたくさんあります。
通販の場合、買う側には、取り扱っているショップや商品の種類が多いのが魅力の一つです。
売る方としては店頭に在庫を置かなくても販売できるのがメリットでしょう。
インターネット通販では、さまざまなショップで同じような商品を取り扱っているので、値段を比較してから購入するといいでしょう。
通販では、健康食品の中でもあまり有名ではないメーカーのものや、近場のお店にないような入手困難なものも購入可能な場合がよくあります。
海外製のサプリメントや健康食品を簡単に手に入れられるのも通販ならではのメリットです。
時間を気にせず注文できて自宅に届くのも魅力ですね。
商品やショップによってはお試し価格での購入やサンプルが売り出されてるので、興味のある食品を見つけたらまずはそういうものから試してみるのがおすすめです。

ワキガを治療するための手術の方法について

ワキガ手術をおこなうときは、アポクリン汗腺とエクリン汗腺が対象となります。
汗をかくとワキがにおうのは、エクリン汗腺とアポクリン汗腺から分泌された汗が関係しているといいます。
汗腺から出る汗のにおいが強いとワキガになります。
ワキ汗をかいた後、雑菌が脇の下で増えるとますます臭いがきつくなります。
ワキ毛があるとなおさら、汗をかいても乾きにくくこもってしまうので雑菌のたまり場となってしまいます。
ワキガが気になる人はワキのムダ毛の処理をしたほうがニオイを抑えることができるかもしれません。
また、ワキガは遺伝的要素があるので、両親や片方の親がワキガの場合、遺伝によってワキガになることがあります。
ワキの汗やニオイ対策のためのデオドラント商品はたくさん販売されていますが、ワキガを根本から解消するためには、ワキガ手術をするのがもっとも効果的です。
ワキガ手術をおこなう場合は、においの元となる汗の分泌を抑えるためにアポクリン汗腺を取り除きます。
また同時に、エクリン汗腺や皮脂腺も除去することもあるようです。
ワキガ手術にはメスを用いますが、ワキの下のしわにそって目立たない部分を少しだけ切る方法が一般的なので傷跡が目立つことはないでしょう。
症状が軽い場合、メスを使わずにカニューレという細い管を用いて汗腺を取り除く方法をとることもあります。
カニューレを用いるワキガ手術は、汗腺を吸引して発汗を抑えるため、手術痕が残りにくいのがメリットです。
痕が残るのはどうしてもイヤだという場合、ボトックス注射によるワキガ治療がおすすめです。
ボトックスという薬液を注射器で注入して発汗を抑える手術なので、まったく手術痕が残りません。

ワキガの手術

ワキガは手術で治すことができますが、手術を検討する前に自分が本当にワキガ体質かを確認しておく必要があります。
もっともワキガになりやすいのは、両親共にワキガの人です。
ワキガは遺伝するので、片方の親がワキガの場合にも可能性があります。
ワキガが遺伝する確率は、両親がワキガの場合は80%、片親なら50%だそうです。
ワキガ手術や治療を考えている人は、それだけ悩んでいるということなので、当然他人のワキのにおいにも敏感なはずです。
両親がワキガであるかどうかは気づいているでしょう。
ワキガには、遺伝だけでなく体毛の濃さも関係しています。
体毛が濃い、多い人もワキガ体質になりやすいといいます。
ワキガのニオイの原因となるアポクリン腺は、濃く太い毛穴にできることが多いため、体毛が多い人はその分アポクリン腺の数が多いということになります。アポクリン腺が多い場合、ワキガ治療をしても時間がかかることが多いようです。
もう一つワキガを判断するのに、耳垢の湿り気があります。
ワキガのにおいの元となる汗を出すアポクリン腺は、耳の中にも存在します。
そのアポクリン腺の働きが活発な場合、耳の中にもよく汗をかくため、湿り気のある耳垢や液状の耳垢になります。
アポクリン腺が活発な場合は、衣服のワキの部分に黄色い汗ジミができることがあります。
ワキガ手術を決める前に、以上のようなことをチェックしてみて自分がワキガ体質かどうかを確かめましょう。
欧米人は、ワキガのほうが多数派なのでワキガ治療や手術の必要性を感じる人はほとんどいませんが、日本人にはもともとあまり体臭がないので、いろいろな治療法があります。
ワキガ手術以外にも、ボトックスやレーザー、超音波を使う治療があるので、自分に合ったワキガ治療法を検討しましょう。

ワキガ体質と治療

どんな人がワキガになりやすいかどうかということは、体質によって異なるので一概にはいえません。
しかし、いくつかの判断材料がありますので、ワキガ治療をする前に、まずは自分の体質を把握しておきましょう。
まず、両親が共にワキガの場合、本人も遺伝によってワキガになる確率は高く、片方の親がワキガの場合にも遺伝する確率はあります。
ワキガ体質は遺伝による部分が多いので、両親がワキガの場合は80%、片親なら50%の確率で遺伝するそうです。
ワキガ治療を考えている人なら、自分の両親がワキガ体質かは気づいていると思います。
そもそも治療を検討するほどワキガを気にしている人は、他人の体臭に敏感だからです。
また、ワキガには毛深いかどうかも関係があるようです。
ワキガの原因であるアポクリン腺は、濃く太い毛穴にあることがが多いため、毛深い人はアポクリン腺の数が多い傾向があるのです。
アポクリン腺が多いと、治療法によってはワキガの改善に時間がかかることがあります。
自分がワキガかどうかを判断する基準には、耳垢の湿り気をチェックする方法もあります。
ワキガの原因となる汗を出すアポクリン腺はは、耳の中にもあります。
耳の中のアポクリン腺が活発だと、耳垢は湿り気を帯びたり、液状になります。それがワキガチェックの判断材料になるのです。
同じ理由で、服のワキの下に黄色っぽいシミができるかどうかも、ワキガチェックのポイントになります。
汗をかいたあとに黄色いシミになるのは、アポクリン腺から出る汗が含んでいる物質によるからです。
欧米ではワキガ体質が多数を占めているので、ワキガを気にしたり治療の必要性を感じる人はほとんどいません。
しかし、日本では最新のワキガの治療法として、手術だけでなくボトックスを使う治療や、レーザーや超音波を使う治療がおこなわれています。
自分に合った治療法を選択したいものですね。

ワキガの治療

日本人は、20人に1人がワキガに悩んでいるといわれています。
ワキガ治療にはどのようなものがあるのでしょうか。
ワキガは、その原因や度合いによって症状に差があり、治療の効果にも個人差があります。
通常ワキガが気にならないと言う場合でも、汗をかく季節にはニオイが気になったり、体調によってニオっているような気がするということもあると思います。
約8%の日本人がワキガを自覚しているというデータもあり、多くの人がワキガやワキのにおいを気にしていることがわかります。
日本以外の国ではどうでしょうか。
白人の場合、なんと全体の7割~9割の人にワキガの症状があるそうです。
黒人の場合はほぼ100%がワキガだそうです。
ワキガのほうが多数派であることから、海外ではワキガの改善は必要とされておらず、治療法や対策なども特にないのだそうです。
そもそも欧米人は日本人よりも体臭がきついと言われていますが、ほとんどの人がワキガというのは驚きですね。
体臭がほとんどないため、他人の体臭にとても敏感な民族である日本人は、ワキガの人がそばにいるとすぐにわかります。
蒸し暑い日の満員電車や、人がたくさん乗っているエレベーターでは特に体臭が気になるという人は多いと思います。
そのため、自分の体臭にも過敏になり、家電製品をはじめ文房具や日用品でも、除菌・抗菌機能を備えたものを使用し、ワキガではないのにワキガを気にして病院を受診する人もいるのだそうです。
一度思い込むとずっと気になってしまうのがニオイの問題です。
ワキガで受診する前に、わきがの体質や原因があるかどうかを確認してみましょう。
身近な人にニオイが気になるかどうか聞いてみるのも良いと思います。
強いワキガは自分で改善することはできませんが、制汗剤などで充分対策できることもあります。

機能性食品の効果について

栄養補助食品や機能性食品というのは、健康食品の中でも、不足しがちな栄養素の配合を特に強化した食品のことを指します。
機能性食品という制度ができたのは、健康食品ブームに伴って大量に出回った粗悪品との区別をするためでした。
昨今の日本は、長寿化と高齢者によって健康への関心が非常に高く、健康食品はとても人気があります。
その一方で、悪質業者による誇大広告の横行に歯止めをかけるため、制度が整備されたのです。
規制前は、飲むだけで痩せる、血圧が下がる、といったように症状を治したり薬と間違えられるような表現をする健康食品がたくさんありました。
高額な商品を販売する業者も多く、社会問題化していました。
薬には、症状を抑える効果があるのと同時に副作用もあるので、用法用量の規制が不可欠です。
どのような症状や病気に効果があるかという根拠と実績データがあるからこそ、効能として薬の効き目を宣伝することができます。
副作用については、機能性食品は大量に服用しても、体内に吸収されず排出されることが多いので、基本亭にはないといわれています。
機能性食品が効能や効果について具体的に宣伝することが禁止されているのは、確実な健康効果や効き目が科学的に実証されていないからです。健康食品の中でも、機能性食品や栄養補助食品と表示されている商品は、原則として一定の栄養素が配合されていなければなりません。厚生労働省の認可を受けている特定保健用食品は、特に健康に効果が期待できるでしょう。

機能性食品と特定保健用食品

健康食品と呼ばれる機能性食品や特定保健用食品、栄養補助食品の中には、他の製品と差別化を図った呼び方をする健康食品があります。
その違いを具体的に理解して購入している人は意外に少ないようです。
特定保健用食品は、食物繊維入り飲料などの機能性食品を指します。特定の効能を目的として摂取する人に対し、摂取することで当該保健の目的が期待できるという表示ができる食品です。機能性食品の中でも、厚生労働省が一定の効果を認めて認可したものだけが、特定保健用食品という表示をつけることができます。
一定の栄養素を含んでいる場合は、機能性食品、栄養補助食品という表示をメーカーの判断で付けることができます。
人間が生きるうえで欠かせない栄養素を補うことを目的としたものが、栄養補助食品や機能性食品として販売されます。
特定保健用食品は、中でも一定の健康効果が認められたものなので、ほかのものよりも確実に効能があると思って間違いないでしょう。
特定保健用商品という表示のない健康食品に関しては、普通の食品とほとんど変わり無い扱いになっています。
健康効果を期待してサプリメントや食品を購入する場合は、機能性食品、栄養補助食品、特定保健用食品のどれなのかを確認してから選ぶことをおすすめします。

機能性食品とは

機能性食品、栄養補助食品、特定保健食品といった言葉のついた食品を目にすることが増えてきました。
以前はこれらをすべて総称して、「健康食品」と呼んだものですが、ここ数年は健康食品の事をサプリメントと呼ぶことが増えているようです。健康的な効果を誇張して宣伝する業者があることや、薬品との区別がつきにくいといったことから、効能に関する誤解や勘違いなどのトラブルが増えているのは事実です。効果や効能に根拠のない食品を、健康食品と称して高額で販売している悪質な業者も多かったといいます。こうした経緯から、厚生労働省は健康食品の表示について規制をはじめました。
メーカー側はそれに対処する形で一定の栄養素を配合したものを適切な宣伝文句で販売するようになりました。
特定の症状に効くことを謳えるのは、法律上医薬品以外認められていません。医薬薬ではない機能性食品は、効能に関する宣伝活動をおこなう際、法に触れない文言にとどめておかなければならないことになっています。薬以外は食品扱いになっていますが、それ自体に規制がないので品質の良い健康食品と粗悪な健康食品の区別がつきません。
配合成分の栄養素についてアピールしている機能性食品は、ほかの食品よりも健康的な商品で、体に良いというイメージをアピールしています。
購入する時にはどのような成分がどのくらい含まれているのかを確認しましょう。