カテゴリー別アーカイブ: 美容

セルライトの除去方法

エステでセルライトを除去することはできるのでしょうか。
セルライトは病気ではないので、もし太ももの裏側などが凸凹のセルライトになっても治療する必要はありません。
しかし、セルライトは外見的に良くないということで、エステではセルライト除去コースが人気を集めているのです。
エステではどういった方法でセルライト除去をするのでしょうか。
一般的には、セルライトを除去するマシンを使用してトリートメントをおこないます。セルライトは脂肪に老廃物が結合して固まった状態であるとされています。そのため、マシンでのマッサージをしてもすぐにセルライトがなくなるということはありません。
施術は数回にわたっておこなうことになるでしょう。セルライトを除去するマシンもエステサロンによって異なります。
また、マシン同様セルライトを除去するためのマッサージの技法についてもエステによって内容は異なり、効果にも差があるようです。エステでセルライト除去トリートメントを受けることで、肌トラブルが起きることもあるのであるので注意しましょう。
専用のマシンやマッサージを施したことで、施術部位にあざや、細かい血の塊が出たということが実際にあるようです。マッサージやマシンの出力が強すぎるとこういったことが起きるそうです。
ダイエットコースやセルライト除去コースの実績が多いエステサロンで施術を受けるのがおすすめです。

セルライトの除去

セルライトはどうしたらなくなるのでしょうか。ダイエットやスタイル維持に関心がある人なら、少なからずセルライトを意識したことがあるのではないでしょうか。
セルライトという言葉は、エステで特によく使います。
セルライトは、皮下脂肪が蓄積されやすい太ももの裏やヒップに、オレンジの皮のようにデコボコになって見えるものを指します。
長期間にわたって皮下脂肪が蓄積されると、体内で老廃物と結合してセルライトという状態になるといわれています。
セルライトという言葉は、脂肪と鉱物を意味するフランス語が由来で、医療の視点では脂肪と同一であるとされています。
しかし、エステなど美容業界ではセルライトを脂肪と区別して考えられていて、除去すべきものとして熱心に宣伝されているようです。
医学的な分野ではセルライトの除去は推奨されていないのです。
なぜ美容業界ではセルライトが除去対象になるのかというと、その理由はいろいろあります。
まずは見た目の悪さです。水着姿やショートパンツを着るとき、太ももの裏側にデコボコのセルライトがあると、見た目の印象は美しさから一気に遠ざかります。年齢を重ねるごとにセルライトは目立つようになります。エステでは、セルライトの原因は血行不良や冷えなどとされています。ダイエットに関心が高い人にとっては、セルライト除去はキレイになるための大きなテーマとなっているようです。。

二重あごと病気の関係

二重あごを改善したい理由の第一位は何でしょうか。見た目の変化を望んで二重あごをなんとかしたいという人は少なくありません。
二重あごは、外見の印象を大きく左右します。それに、二重あごは健康面に問題を起こすことがあるとも言われています。
あごを引っぱっている筋肉が二重あごの重みを支えきれなくなってしまうと、口がしっかり閉まらず気を抜くと口を開いてしまうようになります。人間は本来鼻呼吸をするものなので、口を開けて呼吸をする口呼吸は不自然なのです。
呼吸するとき、鼻孔を通すことでウイルスや細かな異物が体内に入らないようにしているのです。口呼吸をすると、吸い込んだ空気が直接のどを通って肺に侵入します。空気中の雑菌などもそのまま体内に取り込んでしまうため、風邪を引きやすくなります。
二重あごによって、体内の免疫力に関係するリンパの作用が低下することもあるそうです。二重あごになってから発熱や風邪が増えたという人もいます。睡眠中に口呼吸になると、舌が下がって呼吸器官を圧迫します。そうするといびきや無呼吸状態の原因になるので危険です。
見た目は気にしないので二重あごも特に対処しないという人もいますが、健康のことを考えると二重あごは解消したほうが良いでしょう。

二重あごを改善するには

虫歯や噛みあわせの治療をおこなうことで二重あごがスッキリすることがあります。
左右均等に歯を使ってものを噛めるようになると、顔の筋肉がしっかり使われてたるみやむくみが解消し、気になるアゴの下のお肉が引き締まることがあるのです。
二重あごを解消するには、まずはその原因を考え、解消することが大切です。
固い食べ物や食べにくい物でも、しっかり噛んで食べると顔の筋肉を使います。
筋肉は使うとその分鍛えられて強くなるので、しっかり噛む習慣を付けましょう。ガムを噛むのを習慣にするのも効果的です。
噛むときは一部の歯を使うのではなく、左右同じように使うことを意識しましょう。
表情筋は、普段から積極的に使うことで鍛えられるので、表情を引き締めたり二重あごを解消するのに効果があります。
表情筋は笑うことで鍛えることもできます。日ごろから口をしっかり動かして話したり、大きく笑うなど、表情に気を付けてみましょう。
顔の脂肪を燃やして、停滞している水分を体外に排出するためには、代謝を上げる必要があります。表情筋を動かすと、代謝の活性化になり、デトックスにもなります。
顔のたるみとむくみをケアすることでアゴのお肉もスッキリ引き締まることもあるので、リンパマッサージや顔筋マッサージをおこなって顔の巡りを良くするよう努めましょう。

二重あごの原因

二重あごを気にしている人や、それほど太ってないのに二重あごでコンプレックスに感じている人はたくさんいます。
二重あごになる原因はひとつではなく、複合的な場合がほとんどで、顔のゆがみ、むくみ、たるみ、筋肉の衰えなどが関係しているといいます。表情筋が衰えると、皮膚がたるみやすくなります。顔には30種類以上もの筋肉があり、大きく分けると随意筋と不随意筋の2種類があります。随意筋は、ものを食べる時に使う筋肉などのことで、意図して動かすことができる筋肉です。
食事のときに意識してたくさん噛むようにすることは二重あご対策として効果的です。ものを噛む咀嚼は、健康な歯や歯周組織が備わっていないと正しく行うことができないものです。虫歯や歯周病の影響で左右同じように奥歯を使ってしっかり噛むことができないと、顔は歪みやすくなります。
顔のゆがみがひどくなると、顔の筋肉が偏り、リンパの流れを阻害してむくみの原因になることもあります。二重あごは、顔だけでなく、歯や歯ぐきの健康状態も影響するのです。
顔の筋肉が衰えて歪みができると、身体は太っていないのに顔だけがゆるんだシルエットになり、二重あごになってしまうということがあるのです。

ムダ毛の処理と肌のケア

夏ほど熱心になるのがムダ毛のケアです。半袖やノースリーブ、ショート丈のボトムなど、肌をさらすファッションが増えて人目につくからです。そうはいってもムダ毛処理のしすぎは肌を傷める元なので、自分でケアするときは気をつけなければなりません。
エステやクリニックに行かず自分でムダ毛ケアをしている人は大勢います。
自己処理は肌トラブルを起こさないように気をつけることが大切です。
カミソリでムダ毛を剃る人は多いですが、その時は毛の流れに沿って剃るようにしましょう。
逆方向に剃る人もいますが、肌を傷める原因になります。また、剃毛する際は事前に肌にフォームやクリームをつけると、皮膚への負担が少なくて済みます。
毛抜きや脱毛器を使用する場合は、毛穴に雑菌が入らないように道具の衛生を保つことが大切です。
また、毛抜きでのムダ毛処理を続けていると皮膚が色素沈着して黒ずみが残ったり、再生した毛が表皮の中で育つ埋没毛の原因になるので気を付けましょう。
除毛クリームや脱色剤は、肌に合わないとかぶれることがあるので注意が必要です。使用前にパッチテストを行いましょう。
毛穴から膿や血が出るような状態になっている場合、ムダ毛処理のしすぎで皮膚へのダメージが蓄積しているのかもしれません。
道具と肌の衛生に充分配慮して、ムダ毛ケアの頻度は最小限に留めるようにすることが肌への負担を減らすポイントです。

ムダ毛のケア商品

家庭でできるムダ毛ケアにはいろいろな方法があります。
あまりムダ毛が気にならない人は、入浴時にT字カミソリで剃るだけで充分という場合もあるでしょう。
最近は女性用に開発された低刺激のムダ毛剃り用カミソリなども、いろいろな種類が販売されています。
カミソリ以外のムダ毛ケア商品を利用している女性も増えています。
カミソリで剃る方法は、肌表面に見えているムダ毛しかケアできないので、早ければ翌日にはもうムダ毛が伸びてきます。
ムダ毛を根元から抜いて再生を遅らせるには、毛抜きや専用の脱毛器を使うと良いでしょう。
こうした方法でムダ毛処理をすると次にムダ毛が生えてくるまでに時間があくというメリットがあります。
脱色して毛を目立たないようにする脱色や、脱毛クリームで毛に含まれるたんぱく質を分解して除毛する方法もあります。
海外で一般的なのは、脱毛テープや脱毛ワックスでのムダ毛処理です。
脱毛したい部分にワックスやテープを貼り、一気に剥がすことで広範囲のムダ毛を豪快に処理することができます。
ムダ毛ケア用の商品にはいろいろなものがありますので、自分の使いやすい商品から試してみるのがおすすめです。
ムダ毛がキレイに処理できるかわりに皮膚に大きな負荷がかかるものもあるので、敏感肌の人は慎重に選ぶ必要がありそうです。

ムダ毛のケア

ムダ毛ケアにはどのような方法があるでしょうか。
冬の間は服で隠せるのでサボっていても、暖かい季節になると足や腕、わきの下のムダ毛が気になりはじめます。
特に、半袖やノースリーブを着るようになる季節にはムダ毛の処理は必ずおこなうという女性も多いでしょう。
春に向けて、エステの脱毛コースでは特典やキャンペーンが増えるなど、ムダ毛ケアに力が入るものです。
実際、エステの脱毛コースの契約件数がぐっと増えるのが、春~夏にかけてだといいます。
エステなどの専門家による脱毛ケアは、低価格化がすすみ、学生から年配の女性まで幅広い年齢層の女性が利用しています。
エステに行かずに自己処理する人は、カミソリや毛抜きで処理したり、脱毛クリームや家庭用脱毛ワックスでお手入れしているようです。
市販の脱毛用品を使用すると、家で手軽にムダ毛の処理ができますが、できるだけ毛を再生させないようにしたい場合や、手の届かない部分も抜かりなく処理したいという人には、エステやクリニックでの徹底的な脱毛が選ばれています。
ムダ毛ケア不要のつるつる肌になるため、エステやクリニックでは光やレーザを使用した脱毛がおこなわれています。
最近ではムダ毛ケアは女性ばかりの話ではなく、男性でもヒゲや体毛の処理を行う人が増えています。
男性用の脱毛コースを取り扱うメンズエステも好評だそうです。ムダ毛問題は、女性だけでなく男性にも注目されるテーマとなっているようですね。

顔の若返りの方法

若返りのポイントは、徹底的に保湿することです。
顔の中でもっとも乾燥に弱い部分は目元なので、目元の保湿をしっかりおこなうと若返り効果で顔の印象はぐっと若々しくなります。
目元の乾燥を防いで、しわやたるみのない美肌を維持したいものですね。
乾燥を防ぐには、充分に保水をすることが大切です。保水力の高い状態を保つためには、毎日の洗顔後、朝晩しっかり肌のお手入れをすることが大切です。洗顔したら化粧水で水分を補給し、水分が逃げないようにしっかり保湿しましょう。
空気が乾燥していると肌も乾きやすくなるので、室内の乾燥や室温にも注意しましょう。
また、顔の若返りにはほうれい線対策も大切です。
鼻の脇から口の端にかけて刻まれる縦ジワをほうれい線といいます。このほうれい線が目立つと、顔の印象は大きく変わります。
このシワは中高年になると急に目立ってくるので、ほうれい線が深くならないように若いうちからケアすることで予防していきましょう。
ほうれい線を解消するには、リンパや血流を改善するマッサージが効果的です。
美容クリニックで、ヒアルロン注射やボトックス注射を注入してほうれい線を目立たなくする方法もあります。
しわ、たるみを対策して若返るためには、毎日のスキンケアを丁寧におこなうことが大切です。

顔の若返りのためにできること

肌の若返りを阻害して、肌を老化させる原因について考えてみましょう。年齢を重ねると、しみやしわ、たるみが目立ちはじめるのには、2つの大きな原因があります。
1つ目の原因は、乾燥です。皮膚内部のコラーゲン量が減少して肌の保湿力が保てなくなると、皮膚表面が乾燥して肌荒れやしわを引き起こします。角質層がなめらかさを失うと、水分を保持する力はさらに弱くなるのです。肌の表面が傷むと、真皮層が外部刺激にダイレクトにさらされます。そうすると、ターンオーバーで生まれ変わろうとする細胞がダメージを受けて正常なターンオーバーが阻害されてしまうのです。
本来は剥がれ落ちるべき古い角質がいつまでも肌表面に残り、新しい皮膚が作られなくなると、肌の乾燥やごわつきが目立ち始めます。
2つめの原因は、筋肉の緊張と衰えです。
表情の癖などで、いつも決まった筋肉だけを動かしていると、その部分はしわになります。眉間のシワや笑いジワは、表情の癖によってつくられるのです。
顔に張り巡られている表情筋を動かすためには、表情を豊かにすることが大切です。
喜怒哀楽を柔らかく表し、しっかり口を動かして話すなど、無表情にならないようにすることが大切です。
また、目の周りの皮膚は薄くやわらかいため乾燥への耐性がないので、しみやしわができやすいのが特徴です。化粧品でのお手入れのほか、表情筋のマッサージやエクササイズをするのが効果的です。