カテゴリー別アーカイブ: 美容

小顔になるダイエットとは

どのようなダイエットで小顔になることができるのでしょうか。何が目的でダイエットに取り組むかは人によって違いますが、案外顔のたるみを改善したいという人が多いようです。顔のダイエットは、むくみやたるみが目立つ顔を引き締め、小顔になるダイエットでもあります。フェイスラインを気にする女性は、小顔がもてはやされるようになった現在増加しています。本来ならば、若いうちは顔はそれほどむくんだりたるんだりするわけではありません。少なくないのが、生活習慣や食習慣の影響が顔のむくみに表れているという人たちです。若いうちから顔のたるみを気にする人は、美意識の高まりに比して生活習慣のアンバランスさが目立ちます。何が原因なのかというと一番はストレス、そして睡眠不足や不規則な食習慣、冷暖房の効いた乾燥した部屋での生活などでしょうか。新陳代謝の低下という状況を、いろいろな要因が積み重なって引き起こし、不要な水分を顔の皮膚が貯め込むことになってしまいます。小顔になるためのダイエットをしたいという人は、脂肪を燃焼させるのではなく、代謝を高め老廃物を排出するという方法にも目を向ける必要があります。効果的な小顔のダイエットには、エステなどで顔の脂肪を脂肪吸引で取り除くという方法もあるようです。人気の小顔ダイエットの方法には、マッサージやエクササイズで顔の代謝を高め、むくみやたるみを取るというものもあるようです。

あなたの肌を救うのはあなたの知性です

あなたの肌の悩みを解決してくれるものは何でしょう。100パーセントのオーガニック化粧品でしょうか。何万円もする高級くりでしょうか。
いつか本物の化粧品に出会えると思ってさまよっている女性が多いのですが、そもそも化粧品は出会うものではなく、探すものです。自分の肌に何が必要か。必要な成分をまず考えて、その方向性に沿って自分で探すのが本当のスキンケアです。
ただ漠然とお店やネットをさまよって「何となく」目に入ったものを使っていたのでは、いつ本物に出会えるのかわかりません。「私の肌を救ってくれる」白馬の王子様を待つような話です。
肌を変えたいならば、自分で行動を起こしましょう。肌荒れや老化は、どうして起こるのか、それを防ぐ成分についても知りましょう。「成分は難しくてわからない」と尻ごみしていては「本物」には出会えません。
自分の肌につけるものですから、成分を見て選ぶのが当たり前です。化粧品の写真と宣伝文句だけを見て、購入して使ってみるのは、男性の写真とプロフィールだけを見ていっしょに暮らしてみるようなものです。
パッケージや宣伝文句だけでなく、成分を吟味して納得したものだけを使うようにしましょう。あなたの肌を救うのは白馬の王子様ではなく、あなたの知性です。

正しいスキンケアの手順を知っていますか?

知っているようで案外自己流に陥りやすいのが肌の手入れです。ここでもう一度、朝晩の正しい経理の手順を確認しておきましょう。
《肌を生き生きさせる夜寝る前の肌の手入れ》汚れは皮膚の細胞を変性させて、老化を促進します。健康な肌を保つためには、汚れを落とし、十分な睡眠が必要です。
①アイメイクリムーバーを使う……アイライナーやマスカラ、アイシャドーなどをつけている場合は、まず、専用のリムーバーでアイメイクを落とします。
②クレンジング剤で化粧落とす……ほとんどの化粧品は脂分を含んでいますから、洗顔前にクレンジングクリームで脂分を溶かして汚れを落とします。
③洗顔料で洗い流す……自分の肌質に合った洗顔料を選び、顔のすみずみまで汚れを洗い落とします。
④柔軟化粧水をつける……石けんで洗顔したとは、肌を保護する皮脂膜が一時的に失われ、皮膚は乾燥しやすくなります。カサカサ、つっぱるなどの乾燥感があるときは、柔軟化粧水で水分を補給しておきましょう。
⑤マッサージする……乾燥肌や普通肌の人は、軽くマッサージ行い、新陳代謝を促進します。
⑥乳液をつける……乳液は簡単にいえば水と脂を混ぜ合わせたもので、失われた皮脂膜の代用品になります。
⑦パックをする……週に1~2回はパックし、皮膚の深部の汚れや古い角質層を取り除きます。
⑧保湿クリームをつける……水分の蒸発を防ぎ、肌の乾燥を防ぐ効果があります。
《1日肌を美しく保つ朝の肌の手入れ》朝は睡眠中の汚れを洗い流し、肌の調子を整えます。石けん洗顔で汚れを落とし、柔軟化粧水で水分を補給して乳液をつけます。乾燥肌の人は、そのままメイクに入りますが、脂性肌の人は化粧くずれを防ぐために、収れん化粧水で肌を引き締めてから化粧すると良いでしょう。

小顔ダイエットと骨格

顔の骨格について知っておくことが、小顔になるためにダイエットをするためには重要なことです。顔には土台となる頭蓋骨やあごの骨などの骨格があります。よくいう小顔、大顔もまずはこの骨格が基本となっています。もともと顔を形成する骨が大きければ、顔はどうしても人より大きくなってしまいます。さらに顔の印象が大きく変わるのが、あごの骨も形によります。横にあごの骨が広がっている、いわゆるエラの張っている人は顔が大きく見られやすいようです。反対に華奢な顔つきに見えるのが、あごの骨があまり発達していない人です。近頃は小顔ブームもあり、小顔ダイエットはいろいろと注目されています。小顔のためのダイエット方法は2つに分かれるようです。小顔になるダイエット方法のひとつは、マッサージや特別な表情などで顔の筋肉を刺激し、引き締めるというものです。二つ目は顔の周りのリンパをマッサージして血行を促進させる方法です。顔のむくみを取ることで小顔効果を高めるやり方です。顔へのダイエット効果はいずれの方法にもありますが、限界はあるようです。ダイエット効果が出るのは、体のダイエットと違い顔の脂肪はもともと少ないので、あごの周りと頬が少々というのがほとんどです。顔のサイズが大きく変わるようなダイエットではなく、表情に違いが出るというものがメインです。大幅にサイズが小さくなるような小顔を小顔ダイエットで手に入れたいのであれば、一番現実的なのは、骨格から矯正することしかないというのも事実です。

まず、自分の肌のタイプを知る

まず、自分の肌のタイプを見極めることが、正しい手入れの第一歩です。肌が脂っぽいかどうかによって肌の質を知る方法です。
①石けんで洗顔したあと、なにもつけずに2時間以上過ごします。
②脂とり紙を指の間にはさみ、額に2~3秒ぐっと押しつけます。
③脂とり紙の場所を変え、今度はあご、両方の頬、小鼻に押しつけます。1枚の油とり紙が、透明になるほどべったり脂分がついていれば、脂性肌、脂分が少ないほど乾燥肌の傾向が強いと考えてください。乾燥肌の人でも、額から小鼻、あごにかけてのTゾーンは、いくらか脂っぽいものです。
脂性肌は若い人に多く、皮脂の分泌量も多いタイプです。肌の手入れを怠ると、ニキビができやすく、鼻の頭や小鼻の部分に黒いポツポツがみられることもあります。
一般に肌のキメは粗く毛穴が目立ちます。化粧してしばらくすると、顔全体がテカテカと光り、化粧くずれのしやすいタイプです。脂分の分泌が盛んなので、髪も脂っぽく、背中までニキビができることもあります。
乾燥肌は25歳以降の女性に最も多いタイプです。比較的肌のキメは細かいのですが、皮脂や水分の分泌が少ないので、肌がカサカサしたり、粉を吹いたように白っぽくなることもあります。
洗顔後、何もつけずにいると肌が突っ張るという人も、このタイプです。髪もカサつき、ツヤがないことが多く、カサカサした小さなフケが出るのも特徴の一つです。小ジワ対策をしっかり行なう必要があります。
普通肌の人は、肌のキメも細かく、トラブルの起こりにくい理想的な肌質です。ただし、夏は脂っぽく冬はカサつくなど季節によって多少の変化があります。
このほか部分的に脂性肌と乾燥肌が混ざり合った乾燥型脂性肌というタイプもあります

シミ、小ジワの前兆を知るチェックポイント

シミや小ジワは、一度できてしまうとなかなか簡単には治りません。しかし、症状を悪化させるかどうかは日ごろの手入れ次第です。早めに手当てをすれば、シミや小ジワが進行するのを防ぎ、症状を軽くすることも十分可能です。自分の肌の状態をチェックし、症状の悪化を未然に防ぎましょう。
・肌が乾燥してきた……肌がカサつく、突っ張る、粉っぽい、ファンデーションのノリがよくない、といった症状はないでしょうか。水分が不足して乾燥した肌は、小ジワ発生の前ぶれです。
・日焼けをした……日焼けは、小ジワとシミの両方をつくる大きな原因です。紫外線は、皮膚のメラニン色素の数を増やすと同時に、増えたメラニン色素の色を濃くしてシミをつくるもとになります。また、皮膚の細胞を痛めつけて老化を促進し、シワをつくるのも紫外線です。それに、日焼け後の肌の乾燥も小ジワには大敵です。
・肌が荒れている……肌荒れやかぶれも、治ったあとにシミや小ジワをつくります。
・すり傷や火傷をつくった……機械的物理的な肌への刺激や火傷なども、メラニン色素をつくる細胞のはたらきを活発にし、シミをつくりやすくします。シミは紫外線、小ジワは、肌の乾燥と紫外線が大きな原因ですが、次のような環境もシミや小ジワをつくる原因になります。
・シミ……精神的ストレスや内臓の病気、ホルモンの変調もシミをつくる原因になります。妊娠中やピルの服用時にシミができやすいのも、ホルモンが関係しているのではないかと考えられる根拠となっています。
・小ジワ……寒風に肌をさらす機会が多かったり、冷暖房の効いた湿度の低い部屋にいると、肌が乾燥しやすく、小ジワができやすくなります。
このほか、過労、喫煙、睡眠不足、栄養のアンバランスなどが引き金になることもあります。

赤みにはビタミンC誘導体が効果的

小鼻まわりの赤みを気にする人がいますが、これは脂漏性皮膚炎といって、誰にでも多少はできる湿疹です。小鼻のまわりは皮脂分泌が盛んなので、過剰になった皮脂が空気で酸化され、刺激になって炎症を起こすのです。
この炎症は紫外線や、皮膚についた雑菌によっても悪化します。ひどくなると、鼻の両側から徐々に広がっていき、頬全体が赤くなることもあります。
対策としてはまず、食事のバランスに気をつけます。ビタミンBやCを、なるべく野菜から摂ることと、油が多いもの、アルコール、刺激物は控えるようにします。
この湿疹は、女性より男性に多く見られます。とくにお酒ばかり飲んでいて、食事内容に気をつけない人は、なかなか治りません(お酒飲みの男性の、赤ら顔を思い浮かべてください)。
スキンケアとしては、ビタミンC誘導体の化粧水がおすすめです。ビタミンCには皮脂の酸化を防止したり、炎症を抑える力があるからです。
ビタミンCを飲むよりも、肌に直接塗るほうがずっと効果的ですし、誘導体型のビタミンCは、肌への吸収もよいので、いちばん適しています。また、、赤みを気にする人は、半身浴などは控えたほうが賢明です。
顔が真っ赤になって汗ばむくらいまでお風呂に入っていると、余計に赤ら顔になってしまいます。サウナも同様です。

まわりの角質をやわらかくすると毛穴は目立たない

毛穴の汚れを取りたいという人が多く、それと同じくらい、剥がすタイプの毛穴パックによるトラブルも多くなっています。
まるで「詰まっているものが許せない」というように、ちょっと脂がたまると、すかさずパックをして物理的に取り除く、それをやり過ぎてしまった結果なのでしょう。
しかし、毛穴のお手入れを真剣に考えるなら、まずは毛穴について知っておくべきなのではないでしょうか。
毛穴から出てくるのは皮脂です。皮脂は、皮脂腺から肌表面に分泌されるしくみになっており、生きている限り分泌し続けます。
ですから、それをパックでなくそうとするのは、泉の水をくみ出すような果てしない行為なのです。
また、皮脂腺の大きさには個人差がありますが、汚れを取ったからといって、毛穴が小さくなったりはしません。よく「発汗で毛穴の老廃物を洗い流す」という話を聞きますが、これも嘘。
汗腺は毛穴とは別の穴なので、鼻をかんでも耳垢がとれないのと同じように、汗で毛穴は掃除できません。では、毛穴の手入れはどうしたらよいのでしょう。
大切なのは、毛穴そのものよりも、毛穴の出口付近の角質が厚くならないようにしつつ、肌の水分量を上げること。つまり、角質コントロールです。
ピーリング化粧品や酵素洗顔料で、角化して厚くなった角質を落としてあげましょう。
このお手入れを続けることで、毛穴のまわりの皮膚がやわらかくなり、毛穴が目立たなくなっていきます。

洗いすぎると毛穴はかえって詰まる?

洗いすぎると毛穴はかえって詰まる
ニキビや毛穴の汚れを気にするあまり、1日に5回も6回も洗顔したり、イオウなどが含まれた脱脂力の強い洗顔料を使ったりする人がいます。10代までのニキビや毛穴であれば、それも悪くはないと思いますが、20代以降の人にはかえって悪影響を及ぼす可能性が高くなります。
洗いすぎると、皮脂といっしょに肌の水分も低下していきます。肌にもともとあるセラミドや天然保湿因子(NMF)などが洗い流されてしまうからです。肌の水分量が低下すると、角質が厚くなってきます。
角質というのは、もともと肌を乾燥から守る役目を持っているので、肌全体が乾燥してくると、それを守ろうとして、より厚くなろうとするのです。
冬場の足の裏を思い出してください。乾燥すると、皮膚が厚ぼったくなるでしょう。それと同じ現象が、顔の上で起こるのです。角質が厚くなると、毛穴の出口が角質でふさがれて、毛穴が詰まりやすくなります。
とくに乾燥しやすいUゾーンでは、よけいにニキビが悪化します。悪化するともとの肌に戻すのは難しくなります。
洗顔は、朝晩2回が基本です。脂性肌の人でも1日3回までにします。そしてむしろ、セラミドなどでうまく水分量を増やしていたほうが、毛穴はつまらなくなります。

ニキビは遺伝するの?

ニキビは遺伝するの?
Q. 小学5年くらいから顔にニキビができ始め、どんどんひどくなっています。両親は「うちはニキビのできる家系だからしかたがない」と言います。実際、父の顔にはニキビの痕がたくさんあります。もう絶対に治らないのでしょうか。
A. 遺伝といっても、ニキビそのものが遺伝子を通って、親から子供へ伝わるわけではありません。ニキビのできやすい肌や体質が遺伝するのです。
ニキビのできやすい人の肌は、キメの粗い肌です。キメの粗い肌は皮脂の分泌が多いからです。こういう肌をニキビ肌と呼びます。
ニキビ肌は、見た目にはザラついた感じがします。肌の質は遺伝子ますので、親がニキビ肌だと子もニキビ肌になりやすく、当然ニキビができやすくなります。
また、同じ人の顔でも、場所によって肌のキメは違います。たとえば、鼻の頭やその周辺、頬、こめかみ、額のあたりなどは、肌のキメが粗くなっているのが普通です。つまり、ここがニキビができやすい場所なわけです。
額と花のあたりをさして「Tゾーン」と呼びますが、あごやこめかみの「Uゾーン」も肌のキメが粗く、ニキビ危険地帯です。つまり、TプラスUゾーンがニキビのできやすい場所なのです。
遺伝的なニキビの特徴としては、次の3つがあげられます。
①肌のキメが粗い
②ニキビが波状的に起きる
③早い時期に発症する
以上のように、ニキビと遺伝には、深い関係があります。しかし、ニキビは何かひとつの原因で起こるのではなく、いくつかの条件が重なって、発症するものです。
ですから、遺伝的にニキビのできやすい人も、ほかに悪い条件を重ねなければ、充分に予防することができます。