やきそばは、レンジでチンでカロリーダウン

焼きそばに使われる、蒸し中華麺は、1袋(150グラム)で約300キロカロリー。同じめん類でも油がまぶしてある分、蕎麦やうどんよりカロリーは高めと覚えておきます。ただ、市販品は、250キロカロリーのものもあれば、320キロカロリーだったり、多少幅があります。

320キロカロリーの焼きそばと250キロカロリーの焼きそばを食べ比べた人は、250キロカロリーの方が美味しいと口を揃えたほどなので、購入するときは袋表示のを確認して、少しでもカロリーの低いものを選びましょう。とにかく、こんなふうに我慢せずにカットできる70キロカロリーは貴重。こんなに楽なカロリーカットはありません。

焼きそばをつくるときのおすすめは、電子レンジを使って麺を加熱する、という方法です。肉も野菜もノンオイルで炒めて、レンジで袋が膨らむくらいに加熱した麺を投入してみてください。麺の表面に油がからんでいるから、けっこうおいしい焼きそばになります。

なにしろ大さじ1杯の油を使わないだけで、120キロカロリーカット。油を使っていた人が、ノンオイルに切り替えた場合、おやつに串団子が食べられます。

ダイエットに成功したかったら、「ほどよい空腹感」で昼ごはんを食べること。それだけで、痩せる習慣が身につきます。この肥満解消法を、ぜひ実行してみてください。

ワキ脱毛の効果

ワキ脱毛の効果は脱毛方法によっても異なります。脱毛サロンやエステサロンの脱毛は、光脱毛(SSC・IPL)といわれる特殊な光を当てることで毛にダメージを与え生えないようにする方法です。

クリニックなど病院で行われる脱毛方法は医療レーザーと呼ばれる脱毛効果の高い方法です。また永久的脱毛効果が認められる唯一の方法として認められています。

光脱毛は6回~10回前後で自己処理が楽になる程度の効果を実感できるでしょう。医療レーザー脱毛は4回~6回ぐらいでほとんどの方が効果を実感され、10回行えば完全にムダ毛は処理できます。

ワキの脱毛効果を選ぶのであれば、クリニックでの脱毛は短い期間で永久的脱毛効果を得られ、万が一トラブルが発生しても医師による処置も行えるので安心ではありますね。

脱毛サロンによるワキ脱毛効果はダメージも少ない代わりに、脱毛効果は少し劣りますし、期間も長くなりますが、傷みもリスクも少ない脱毛方法であり、何といってもリーズナブルなお値段でできるのが魅力であり、人気の秘密です。

どちらを選ぶにしても、費用やワキ脱毛にどこまで望むかによって脱毛効果も違ってきます。どちらにしろ、ある程度通えば脱毛効果は実感できますよ。